グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  当院について >  病院からのお知らせ >  当院職員の新型コロナウイルス感染に関するお知らせと対応について

当院職員の新型コロナウイルス感染に関するお知らせと対応について


東部地域病院の一病棟の新規入院患者の受入再開について

 公益財団法人東京都保健医療公社東部地域 病院では、一般病棟に勤務する職員1名の新型コロナウイルス感染症への感染が判明(令和2年10 月19 日プレス発表)したことに伴い、当該病棟における新規入院患者の受入れを停止し、他の病棟で受け入れておりました。
 この度、新たな感染者の発生がないことから、当該病棟においても、新規入院患者の受入れを再開することとなりましたので、お知らせいたします 。
 改めて、病院を利用されている患者とその御家族、地域の医療機関をはじめとする関係者の皆様に、多大な御心配と御迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。
 通常診療再開日程
 以下のとおり、通常診療を再開する。
区分 現在の縮小状況 通常診療再開時期
一般病棟(1病棟) 当該病棟における新規入院患者の受入れを停止し、他の病棟で受入れ 11月2日( 月曜日)午前9時から
   令和2年10月30日
                                     院長 稲 田 英 一

当院職員の新型コロナウイルス感染に関するお知らせと対応について

 当院で病棟勤務していた看護師1名が、新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。
新型コロナウイルス感染症とは別の疾患で一般病棟に入院中の患者さんが発熱したため、PCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。このため、保健所の助言に基づき、当該入院患者との接触者のPCR検査を10月17日(土)に実施したところ、10月18日(日)に当該職員の陽性が判明しました。
 なお、この看護師は、PCR検査実施日である10月17日(土)以降、当院の勤務を停止しております。
 これを受けて、保健所の指導も踏まえ、当該看護師のPCR検査実施の2日前である10月15日(木)以降、当該職員と接触があった患者・職員全員のPCR検査を実施しております。また、当該看護師が使用した部屋や接触した可能性のあるものについては、消毒を実施すると共に、看護師が勤務していた病棟では、新規の入院患者の受入れを停止しております。なお、当該病棟以外の入院診療及び外来診療については、通常通り継続いたします。
 安全確保のため、入院患者さんへの面会禁止や、発熱等の症状のある方の入口におけるチェックも引き続き継続いたします。
 患者さんやご家族の皆様、近隣医療機関の皆様にはご心配やご不便をおかけしておりますが、今後とも安全な医療の提供に努めてまいりますので、ご理解の程お願い申し上げます。
   令和2年10月19日
                                     院長 稲 田 英 一