グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  当院について >  医療安全管理体制

医療安全管理体制


東部地域病院は「安全で患者さんが安心できる医療の提供こそが、医療における最も重要なサービスである」と考え、医療安全管理に取り組んでいます。
患者さんの期待に応えられる実力や正しい倫理感を身につけるとともに、組織全体で医療事故を予防することを最重要課題としています。

1.委員会・組織

東部地域病院医療安全管理体制組織図

1.医療安全管理委員会委員長
院内の医療安全管理の統括者として、副院長がその任を担っています。

2.医療安全管理者(専従リスクマネジャー)
平成18年4月1日付で、専従リスクマネジャーを配属しました。
専従リスクマネジャーは、リスクマネジャーを統括し、組織を横断して医療安全対策に関する企画・立案、評価や改善を行い、また医療安全に関する職員の意識向上のための取組や指導等を行っています。

3.医療安全推進担当者(リスクマネジャー)
各診療部門・看護単位・各部門に計
46名のリスクマネジャーを配置しています。
リスクマネジャーは、医療安全管理委員会決定事項の所属職員への周知、インシデント・アクシデントレポートの提出促進及び現場指導を行います。

2.インシデント・アクシデントレポート報告制度

当院では、インシデント(患者さんに影響はなかったが、仮に実施された場合何らかの被害が予測される事例)、アクシデント(患者さんに実施され被害が生じた事例-軽微なものから重症度の高いものまで-)の報告制度を設けています。事例を分析し、必要な改善策を講ずることにより、新たな事故の発生防止に活かしています。

インシデント・アクシデントレポート報告経路


3.医療安全推進週間の取組

医療の安全に関し、医療関係者の意識向上、医療機関及び関係団体における組織的取組の促進、国民の理解と認識を深めることを目的として、国は11月25日を含む1週間を「医療安全推進週間」と定めています。(平成13年度から実施)

4.職員研修

職員の医療安全に関する意識向上を目的として、全職員を対象に年2回以上の研修を実施しています。

5.患者の声相談窓口

患者さんやご家族の苦情・相談等に迅速かつ適切に対応するため、「患者の声相談窓口」を設置しています。
相談等は、医事課受付窓口(面談・電話)でお受けしています。(平日:8時30分~17時00分)

6.「医療の安全管理のためのマニュアル」の策定

平成13年7月の第1版発行
平成23年7月改訂(第15版)

※本マニュアルは、患者さん及びご家族、あるいは第三者から求められた場合は、積極的に公開・公表します。

7.各部門の取組

リスクマネジャー会議

リスクマネジャー会議では、他職種が1つになり、医療安全の観点から院内巡回と指導を行っています。

看護分科会

看護科は、各病棟・外来・手術室と部署ごとにリスクマネジャーを配置し、現場の職員指導や看護科全体のマニュアル作成など、積極的に医療事故防止活動を行っています。 (主任がその任についています。)

検査説明用紙

初めて受ける検査は、特に不安が大きいものです。当院では、検査の手順や実際の様子などの写真や絵を掲載した「検査説明用紙」を作成し、事前に患者さんにお渡ししています。