グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ご利用案内 >  入院のご案内 >  入院生活について >  入院生活における感染予防について

入院生活における感染予防について


東部地域病院では、みなさんに安心して療養生活を送っていただくため、病院スタッフ一丸となって感染対策に取り組んでおります。また、効果的に治療を行うために、みなさん1人ひとりが行う感染対策も重要です。ご自身の体を守るために、感染対策にご協力ください。

手洗い

  • 感染予防の基本は、手洗いです。
  • 食事の前、検査・リハビリのあと、トイレのあとなどは石けんと流水で手を洗いましょう
  • 手を洗った後は、清潔なタオルで手をふきましょう

1.手を水でぬらし、石けんを手にとります

2.よく泡立て、手のひらを洗います

3.手の甲を洗います

4.指先を洗います

5.指の間を洗います

6.親指を洗います

7.手首を洗います

8.水で石けんをよく洗い流してから、清潔なタオルやハンカチで水分をよくふきます

咳エチケット

  • 咳やくしゃみが出るときは、ハンカチやティッシュで口と鼻をおおいましょう
  • 使用したティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう
  • 咳やくしゃみ、鼻をかんだ後は、手を洗いましょう
  • 咳やくしゃみが出るとき、のどが痛いときは、マスクをしましょう

お荷物の整理

  • 病院には、多くの方が出入りをしています。
    持参されたお荷物は、直接床に置かず、備え付けのロッカー等をご利用ください。
  • 毎日ベッドの回りや床頭台(ロッカー)の清掃を行っていますので、整理整頓にご協力ください。

食べ物のもちこみ

  • 食中毒予防のために、病院食の取り置きはご遠慮ください。
  • 衛生管理上、病院食以外の食べ物の持ち込みについては、原則ご遠慮ください。

ご面会の方へのお願い

  • 病院には、抵抗力の落ちている方が多く入院しています。
  • 病室に入る前に手を洗ってからご面会ください。
  • 発熱、咳、鼻水、下痢などの体調がすぐれない方は、面会をご遠慮ください。
ご不明な点は、病院職員にお尋ねください。