グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ご利用案内 >  外来受診のご案内 >  専門外来一覧

専門外来一覧


当院では、各科が行う一般的な外来のほかに、専門分野を活かして、特定の臓器や病気、症状について、専門的な診察・治療を行う「専門外来」を行っています。

専門外来をご希望の方は、当院の医師、またはお近くの医療機関にご相談ください。
当院では、今後も専門外来の充実に努めていきます。

リウマチ外来

リウマチ・膠原病疾患を鑑別・診断し、それぞれ治療を行っています。
診療科 内科
実施日 水曜日:午後

肝・胆・膵外来

肝癌、胆道癌、膵臓癌などの悪性腫瘍から、胆石、胆道感染症、膵炎まであらゆる疾患に対応します。
診療科 肝胆膵内科
実施日 月曜日・火曜日・金曜日:午後
木曜日:午前・午後

肝炎外来

急性・慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝などの代謝性肝疾患やアルコール性肝障害、薬物性肝障害などの肝疾患を診療しています。
診療科 内科
実施日 火曜日・水曜日:午後

のみこみ評価外来

慢性期の嚥下障害が疑われる方を対象とした摂食嚥下評価の外来です。医師による嚥下内視鏡検査、結果説明後、摂食・嚥下障害看護認定看護師より口腔ケア、環境や姿勢調整、食事介助方法、自宅でできる嚥下訓練等を指導します。また、管理栄養士から嚥下食の作り方、入手方法等を指導します。その後、紹介元医療機関へ返送いたします。
診療科 内科
実施日 月曜日:午前

喘息外来

喘息は、気道の慢性炎症のために咳や呼吸困難、咳鳴などが認められる慢性的な病気です。症状は、自然あるいは治療により改善することがありますが、継続的な抗炎症治療が必要です。適切な管理ができずに炎症が持続する場合、重症化してしまう可能性が考えられます。当喘息外来では、順天堂大学附属順天堂医院呼吸器内科の喘息外来と連携して、呼吸器・アレルギー専門医が吸入ステロイド薬を中心に分子標的治療薬なども駆使して難治性の喘息にも対応した治療を行っています。
診療科 内科
実施日 木曜日:午前

虚血性心疾患外来

  心エコー、負荷心筋シンチ、冠動脈CT等非侵襲的検査を外来で行い、必要に応じて心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈インターベンションといった侵襲的検査、治療を行います。
診療科 循環器内科
実施日 金曜日:午後

ペースメーカー外来

ペースメーカーを体内に埋め込んだ方に、ペースメーカーの作動状況や電池の消耗状況のチェックを行っています。
診療科 循環器内科
実施日 金曜日:午後

小児心臓外来

  先天性疾患の精査や川崎病の治療および治療後の検査などを行っています。心臓超音波検査、負荷心電図、ホルター心電図等の検査も随時行っております。
診療科 小児科
実施日 月曜日:午後

小児神経外来

てんかん、その他神経疾患の治療を行っています。予約が必要ですが、随時脳波検査、頭部MRI等の検査を行っております。(原則として初診は、常勤医が一般外来で対応します。)
*小児科外来受診後、予約受診
診療科 小児科
実施日 月曜日:午後

小児アレルギー外来

免疫・アレルギー疾患を専攻している小児科の医師が、気管支喘息、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの小児アレルギーと関連疾患の診療をしています。
(原則として初診は、常勤医が一般外来で対応します。)
診療科 小児科
実施日 火曜日:午後

小児予防接種外来

主にアレルギーや痙攣などのリスクのあるお子様を対象に、公費で定期接種ワクチンを行っています。任意接種ワクチンでは、ロタウイルス、ムンプス、インフルエンザについても接種可能です。地域医療機関からの御紹介や当院小児科をかかりつけとして定期フォローしている患児に限定した予約制の外来となります。
(シナジスの接種についても小児予防接種外来で行っています。出生された病院やかかりつけの先生からの紹介により予約を受け付けております。但し、シナジス接種の適応の是非について事前の問診を要するため、原則として初診は、常勤医が一般外来で対応します。)
診療科 小児科
実施日 水曜日:午後
(ご予約は前週木曜日正午までにお願いします。)

小児腎泌尿器外来

 腎泌尿器疾患を専攻している小児科医師が、主に検尿異常、腎炎、夜尿症、ネフローゼ症候群、尿路感染症、尿路奇形の診療を行っています。
 膀胱造影等の検査も可能です。専門的な検査や治療が必要な場合は「順天堂医院小児科」と連携して行うことが可能です。
 受診の際には、10cc程度の早朝第一尿(朝起きて一番の尿)をお持ちいただけますと、スムーズに診療に入れますので、宜しくお願いいたします。
診療科 小児科
実施日 木曜日

小児外科外来

緊急手術の必要のない小児鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、停留睾丸、包茎、尿道下裂などの治療を行っています。
診療科 小児外科
実施日 火曜日:午後
金曜日:月2回

呼吸器外科外来

昨年4月より順天堂大学呼吸器外科からの派遣医師による呼吸器外科の外来をスタートしました。
肺がんや縦隔腫瘍の手術症例のみならず、気胸や膿胸などの良性疾患、胸部異常陰影の手術適用の判断など幅広く対応しております。お気軽にご紹介ください。
診療科 外科
実施日 水曜日:午前

背骨疾患外来

当院ではほぼ全ての脊椎疾患への対応が可能です。都心部の大学病院でなくても高い水準の医療が受けられることをより多くの方々に知っていただき、より多くの患者さんに私達の医療を提供していく事を目指しております。手術は最新機器を用いて可能な限り低侵襲に行います。
圧迫骨折に対してはバルーンを用いたBKP、腰椎すべり症に対しては脊椎の前側方から進入し出血量を軽減できるXLIFなどが低侵襲手術の代表です。注射による新しい椎間板ヘルニア治療も導入しました。
診療科 整形外科
実施日 火曜日:午前

XLIF術後写真

BKP術前術後写真

●対象疾患
 腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・腰椎椎間板ヘルニア・腰椎分離すべり症・頚椎症性脊髄症・頚椎椎間板ヘルニア・頚椎症性神経根症・後縦靭帯骨化症・外傷性脊椎疾患・腰椎圧迫骨折

側弯症外来

 せぼね(脊柱)がねじれをともない側方に徐々に曲がってくる症状を「側彎症」といいます。そのうちのほとんどが特発性側弯症です。特発性という言葉の意味は「原因が分からない」という意味です。特発性側弯症の原因を世界中の専門家が研究しておりますが、今のところはっきりとした原因は分かっておりません。
 特発性側弯症は10歳以降の思春期を迎えた女性に多く発症し、自覚症状に乏しいために本人も周りの人たちも気付かないことが多く、検診で発見される場合がほとんどです。外見の変化が明らかになる頃には脊柱の変形が相当進んでいる場合もあり、治療のタイミングを逸しないためにも専門医による早期発見・早期診断・早期介入が大切です。
 特発性側弯症の手術、成人の方の脊柱変形を矯正する手術は、高い技術と経験が要求される難易度の高いものですので、整形外科であればどこでも対応ができるというわけではありません。東部地域病院では豊富な経験をもとに、患者さんにとって最良の治療の提供をお約束いたします。
診療科 整形外科
実施日 金曜日:午後

骨粗鬆症外来

骨粗鬆症による骨折の予防を目的とし、DXA法による精密な骨密度測定及び骨代謝マーカーなどの血液検査を行い、患者さん一人ひとりに合わせた治療法を提案します。
  また、現在治療中にも関わらず、新たな骨粗鬆症性の骨折を生じてしまった患者さんにも治療を提案いたします。
診療科 整形外科
実施日 月曜日:午前

装具外来

日常生活や目的の動作を行うための補助に関する装具を取り扱います。さまざまな疾患に対する装具作製とともに、アドバイスも行っています。なお外来では義肢装具士が対応いたします。
診療科 整形外科
実施日 火曜日・金曜日:午後

アキレス腱装具

体幹装具

脳血管内治療外来

脳血管内治療に関する専門的な診療を行います。
診療科 脳神経外科
実施日 第2・第4木曜日:午前
脳血管内治療とは
脳の病気に対して、頭の皮膚や頭蓋骨の切開を行うことなく、足や腕の動脈血管から細い管を脳血管まで入れ、内部から治療する手術法です。主要な手術は動脈瘤のコイリングと内頚動脈狭窄に対するステント挿入術です。

骨盤臓器脱外来

骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤など)に対する診断、治療を行います。手術療法として、腟式子宮脱根治術、腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC)、腟式メッシュ手術(TVM)、腟閉鎖術など従来法から最新の治療まで幅広く行っています。患者様ひとりひとりに合わせた治療法を提案します。
診療科 婦人科
実施日 月曜日:午後

麻酔科ペインクリニック

神経ブロック・スーパーライザー・キセノン照射等のペインクリニックに漢方薬治療を併用した治療です。
診療科 麻酔科
実施日 月曜日・水曜日・金曜日:午前