グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  新着情報 >  当院の医療体制について

当院の医療体制について


 東京都では、急増する新型コロナウイルス患者受入のため、都立・公社病院における患者受け入れ数を1,700床まで増加させることとなりました。当院でも、新型コロナウイルス感染者の入院病棟を拡大しております。そのため、通常診療の一部を以下のように制限しております。本対応の期間は2021年3月末までとしております。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
<外来診療・救急診療>
 当院かかりつけ患者さんの診療は継続いたします。
 入院を要するような救急患者の受入れを一部制限いたします。
<入院治療>
 急を要しない検査入院などの制限をいたします。
 急を要しない手術などは延期させていただきます。
 
 新型コロナ感染症患者との接触を避けるような動線の確保や、移送用の車いすなどの備えております。当院では引き続き院内感染防止対策を徹底し、患者さんが安心して診療を受けられる体制を維持してまいります。来院時の体温チェック、院内でのマスク着用、面会の原則禁止など、いろいろとご不便をおかけしますが、引き続きご協力のほど、よろしくお願いします。


                            令和3年1月25日 院長 稲田英一