グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護部 >  卒後教育 >  公社クリニカルラダー

公社クリニカルラダー


公社共通のクリニカルラダーをもとに基礎コース、ゼネラルコースの集合研修を構築しています。
自分の目標がわかりやすいです。

習得目標の能力

看護臨床実践能力 基本的知識・技術・態度を身につけベットサイドケアが安全確実に実施できる能力
役割遂行能力 チームメンバーとしての役割を理解し行動することができる能力
教育・研究能力 院内外の研修等を通じて看護の知識が深められる能力

レベルI (1年目)

到達目標 - 基本的な知識・技術・態度を身につけられる

看護臨床実践能力 知識・技術 看護基準・手順・マニュアル等を活用しながら業務を実施できる
ケア 看護計画に沿った看護実践ができる
状況判断 急変時の対応が指示を受けながら行動できる
安全 安全・感染予防マニュアルに沿った行動ができる
役割遂行能力 リーダーシップ チームの一員であることを理解し、看護師長、先輩看護師に報告・連絡・相談ができる
マネジメント 部署の目標達成のために活動に参加できる
コミュニケーション 患者さん・家族および医療チームとコミュニケーションをとることができる
教育・研究能力 自己成長 看護師として自己を振り返る
教育研修 研修に参加し、知識を深め課題意識を持つことができる

レベルII (2年目)

到達目標 - 主体的に看護実践できる

看護臨床実践能力 知識・技術 根教に基づいて看護技術を安全・確実に実践できる
ケア 看護上の問題を明確にし、看護課程が展開できる
状況判断 急変時の適切な看護処置を実践できる
安全 安全・感染対策に沿った行動ができる
役割遂行能力 リーダーシップ 受け持ち看護師として責任を持って役割を遂行できる
マネジメント 部署の目標達成に向けた、自己目標をたてることができる
コミュニケーション 患者さん・家族および医療チームとコミュニケーションをとり、報告・連絡・相談が的確にできる
教育・研究能力 自己成長 看護師として自己の課題を明確にすることができる
教育研修 研修に参加し、知識を深め課題意識を持つことができる

レベルIII (3年目)

到達目標 - 自立した看護師として看護実践できる

看護臨床実践能力 知識・技術 患者さんの状態に応じて判断し、根教に基づいた看護技術を実践できる
ケア 患者さんや家族と目標を共有し個別性のある看護展開ができる
状況判断 急変時に必要な看護処置を判断し、対応できる
安全 療養環境及び職場環境を考慮し、患者さんに及ぼす危険を予測し安全・感染対策が実施できる
役割遂行能力 リーダーシップ 受持ち患者さんの看護に対して、リーダーシップが発揮できる
マネジメント 部署の目標達成のため、業務改善等に積極的に取り組むことができる
コミュニケーション 患者ケアに関してカンファレンス等で情報交換し、意見を述べることができる
教育・研究能力 自己成長 看護師として自己の課題に対し、主体的に取り組むことができる
教育研修 レベルIIIの研修に参加し、臨床現場の中から研究課題を見出すことができる

レベルIV (4年目以上)

到達目標 - 臨床の場面において看護実践の役割モデルとなることができる

看護臨床実践能力 知識・技術 根拠に基づいた的確な看護技術を役割も出るとして実践できる
ケア 実践した看護の妥当性について評価・修正ができる
状況判断 急変の状況を的確に判断し、リーダーシップをとることができる
安全 部署における安全・感染対策についてリーダーシップを発揮できる
役割遂行能力 リーダーシップ チームリーダーとしての行動ができる
マネジメント 部署の目標設定に参画でき、目標達成にむけリーダーシップが発揮できる
コミュニケーション 患者さん・家族及び他部門との調整、連携をとることができる
教育・研究能力 自己成長 自己のキャリア形成に向けて自己研鑚できる
教育研修 看護研究に取り組み看護実践医活用することができる

レベルV (10年目以上)

到達目標 - 幅広い看護活動と指導・育成ができる

看護臨床実践能力 知識・技術 ベテラン看護師として工夫した看護実践ができる
ケア 実践した看護の妥当性について評価・修正の助言・指導ができる
状況判断 その場の状況を全体的、かつ先見的にとらえて判断し、リーダーシップをとることができる
安全 所属部署内の事故・感染防止に向け、職員の教育及び環境改善の取り組みが推進できる
役割遂行能力 リーダーシップ 所属部署の問題を発見し、解決に向けてリーダーシップを発揮することができる
マネジメント 看護部の目標達成に向け活動し、評価できる
コミュニケーション 部署運営が円滑になるよう、関係部門と交渉、職員への助言・指導ができる
教育・研究能力 自己成長 自己のキャリア発達のために、主体的・継続的に学習できる
教育研修 研究活動を継続し専門性を深め助言ができる