グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




脂肪肝


健診などでよくみつかる疾患で、肝臓に脂肪が必要以上にたまる病気です。飲酒、肥満、過食、運動不足など生活習慣と関連し、肝機能障害を引き起こすことがあります。生活習慣を改善する以外によくなる方法はありません。自覚症状はなく、日常生活にも支障はありませんが、改善がないままだと糖尿病、心臓病などの成人病を併発しやすくなります。脂肪性肝炎(次項目)との区別が大切です。