グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  肝胆膵内科 >  肝臓の病気 >  B型肝炎・B型肝硬変

B型肝炎・B型肝硬変


B型肝炎は母子感染で母親から子に感染する経路が主でしたが、最近は性交渉にて感染するケースが増えています。現在、感染が明らかであれば、ガンマグロブリンの注射、ワクチン療法により感染が阻止できるようになりました。B型肝炎は慢性化すると肝細胞癌を発症することがあり、定期的なフォローアップが必要です。肝炎であれば6ヶ月に1回、血液検査、画像検査が推奨され、肝硬変では3ヶ月毎の検査が必要です。
B型慢性肝炎に対しては年齢、HBe抗原の有無、肝障害の程度、肝硬変や肝細胞癌合併の有無により、インターフェロン、核酸アナログ製剤を使い分けています。