グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  肝胆膵内科 >  膵臓の病気 >  膵嚢胞性疾患

膵嚢胞性疾患


膵臓の内部や膵組織に接して存在する類円形の液体の貯留を嚢胞と呼び、液体を包み込む膜に上皮細胞があるものを真性嚢胞、細胞がないものを仮性嚢胞に分類します。
真性嚢胞は腫瘍性嚢胞と非腫瘍性嚢胞にわけ、腫瘍性嚢胞の中に、IPMN、MCN、SCN、SPNなどがあります。
診断は腹部エコー、EUS、CT、MRIなどの画像診断により行われ、特徴的な所見が得られれば診断は容易です。嚢胞内腔の隆起性病変は悪性を示唆します。SCNは経過観察しますが増大傾向にあれば手術をします。