グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  放射線科 >  一般撮影

一般撮影


一般的にレントゲン(X線撮影)と呼ばれる検査で、体にX線を照射し、体を通り抜けたX線を画像(写真)にする検査です。

当院では、フラットパネルシステムの一般撮影室を2室有し、胸部、腹部、全身骨等の撮影を行っています。

検査当日の流れ

1 エックス線撮影受付に診察券または順路票をお出し下さい。
2 受付後、検査室前でお待ちください。予約検査ではありませんので、受付順にお呼びします。
3 撮影室にて検査を受けて下さい。
4 検査終了後、担当技師より順路の説明がありますので、次の検査またはお会計へお進みください。

注意事項

  • 服や下着の金属類やボタン等が画像の障害になるため、検査着に着替えて頂くことがあります。
  • 撮影部位によって、以下の物を外していただくことがあります。担当技師の指示に従ってください。
    (ネックレス、イヤリング・ピアス、指輪、時計等の装飾品/コルセット/ホッカイロ/湿布、エレキバン等の貼り薬)
  • 多方向から撮影することがあるため、体位変換をして頂くことがあります。また、撮影部位の確認のため、お身体に触れることがあります。

撮影の種類

胸腹部撮影

胸部撮影:肺、心臓、大動脈などを調べる検査です。
腹部撮影:腹部のガス像、石灰化、臓器の形態などを調べる検査です。
検査時間 約5~10分

骨撮影(脊椎・手足等)

骨折、脱臼、関節炎等の有無や骨の異常な歪みなどを調べる検査です。
検査時間 約5~15分