平成28年度 東部地域 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 740 119 131 226 472 711 1532 2283 1715 267
地域医療支援病院である当院は、地域医療の中核として年齢を問わず積極的に患者さんの紹介を受け入れ、質の高い医療を提供しています。今日の少子高齢化の流れを受け、全体の7割が60歳以上に患者で占められており、70歳以上の患者さんも概ね50%を占める状況です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔腫瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 199 10.12 11.06 4.02 75.49
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 65 24.11 19.92 4.62 74.71
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)その他の手術あり 手術・処置等2なし 57 9.96 11.74 1.75 73.14
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 55 6.24 5.50 0.00 52.44
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 22.59 21.25 22.22 85.07
内科診療は消化器、呼吸器、糖尿病が中心です。消化器分野では、上下の内視鏡診断、及び内視鏡治療(食道静脈瘤に対するEVL、胃・大腸早期癌・線腫などのEMR・EDS)に加えて、肝胆膵の診断治療(ラジオ波、ENBD、PTCD,TAE等)を行っています。また呼吸器分野では、肺炎、喘息、COPD、慢性呼吸不全の治療を行っています。
当院では、内視鏡による結腸ポリープ粘膜切除術を施行する症例も数多いのですが、DPCの扱いが異なるため、上記症例数には含まれておりません。
後述の「診療科別主要手術別患者数等」の表を参考にしてください。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 91 6.18 6.42 0.00 2.95
040090xxxxxx0x 下気道感染症(その他)副傷病なし 89 5.64 6.02 0.00 0.75
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 84 4.08 5.50 0.00 3.33
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし 38 2.00 2.62 0.00 4.82
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 34 4.41 6.09 0.00 3.21
小児科は地域の中核となる二次医療、365日24時間体制の救急医療を重点項目として診療を行っています。主な入院疾患は、喘息などの呼吸器疾患が最も多く、次いで感染症、ウイルス性の急性腸炎などの消化器疾患と続きます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 216 4.07 4.41 0.00 69.01
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 99 4.01 4.42 0.00 68.59
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)腹腔鏡下胆嚢摘出術等 67 6.63 6.82 1.49 62.66
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 46 8.15 6.91 0.00 32.02
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 34 3.03 3.29 0.00 2.91
主な対象疾患は食道・胃・大腸などの消化管ならびに肝臓・胆道・膵臓などの消化器外科疾患と乳腺疾患及びヘルニアなどの一般外科疾患です。治療は外科手術が中心ですが、最近では腹腔鏡下手術や内視鏡的粘膜切除術などの低侵襲手技も積極的に行っています。
手術症例では、悪性では大腸癌、胃癌、乳癌が多くを占めていますが、膵癌・胆道癌・肝癌なども増加傾向にあります。一方、初診時切除不能の進行癌症例や当院での術後再発症例に対しては、ガイドラインに準じた点滴による化学療法も併せて行っています。
この表の上位の症例は化学療法が占めております。また、鼡径ヘルニアの手術症例は160件を超えておりますが、DPCの扱いが異なるため、上記症例数には含まれておりません。
後述の「診療科別主要手術別患者数等」の表を参考にしてください。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大隊近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 77 30.49 27.63 68.83 80.69
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 28 31.36 23.61 32.14 77.93
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 17 5.12 5.49 0.00 51.12
070350xx01xxxx 椎間板変性、ヘルニア 内視鏡下椎間板摘出(切除)術 16 9.56 10.90 0.00 42.88
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 14 20.79 17.99 21.43 71.86
主に脊椎脊髄病(椎間板ヘルニア、化膿性脊椎炎、癌の脊椎転移、成人脊柱変形、脊椎椎体骨折、脊椎脊髄外傷、腰部脊柱管狭窄症など)に対する侵襲の大きかった手術を一新し、可能な限り背部の筋肉を傷つけない最小侵襲脊椎手術(MIS)を柱に治療を行っている。また、関節・外傷疾患(人工関節治療)に対する治療や急増する骨粗鬆症椎体骨折(圧迫骨折)にはバルーン椎体形成(BKP)の手術を開始しました。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置2等なし 22 3.00 3.20 4.55 68.91
16100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 26.89 9.87 16.67 79.00
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2なし 副 17 12.59 10.24 11.76 72.59
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 5.82 5.24 0.00 64.09
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 3.29 - -
当科の特徴とする治療としては、血管内治療と認知症精査があります。血管内治療は、脳動脈瘤コイリング、脳動静脈奇形塞栓術、頚動脈ステント術等があり、専門医と共に施行しています。認知症精査については、近年の高齢化社会による認知症の増加とともに、認知症の診断、治療の必要性が増しています。当科では、放射線科医師とタイアップし、VSRAD(MRA)、IMP検査(isotope検査)、DATスキャン、MIBGシンチグラフィー等を駆使して、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、パーキンソン病等の鑑別診断を施行しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍術手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 86 7.29 7.44 0.00 74.81
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 25 5.32 5.83 0.00 65.40
110420xx97xx0x 水腎症(その他)その他の手術あり 副傷病なし 22 3.73 5.33 0.00 72.82
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 16 5.88 7.08 0.00 65.63
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 13 9.31 9.98 0.00 76.77
泌尿器科での主な疾患の内訳は、悪性腫瘍が最も多く86例、次に上部尿路疾患25例、水腎症等の炎症性疾患22例でした。また、前立腺生検(多箇所生検)は一泊入院のうえ腰椎麻酔科あるいは局所麻酔で行っています。 平均在院日数は6.7日。診断群分類上位5疾患の平均在院日数はいずれも全国平均値を下回っています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060x01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 65 9.89 10.05 0.00 45.15
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 48 3.06 4.92 0.00 69.06
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 42 2.24 3.08 0.00 39.71
12002xxx02x0xx 子宮頚・体部の悪性腫瘍 子宮筋腫摘出(核出)術 膣式等 手術・処置等2なし 34 2.09 3.31 0.00 36.18
12002xxx99x40x 子宮頚・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 34 3.15 5.12 0.00 64.00
診療内容は産科を除く婦人科領域で、良性・悪性腫瘍、性器脱などの患者様が大半を占めています。最近の傾向として、若年者の子宮頚部病変が増加しており、妊孕性温存の立場から、レーザー光線を使用した治療を積極的に行っています。良性疾患に対しては、腹腔鏡下手術が増加傾向にあり、悪性腫瘍に対しては日本婦人科腫瘍学会ガイドラインに基づいた標準治療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 160 3.15 3.06 0.63 70.94
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 15.17 17.95 3.13 81.84
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 28 18.18 15.90 10.71 72.64
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 7.25 11.38 0.00 78.20
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 12.94 13.02 0.00 64.24
循環器内科で最も多い症例は、虚血性心疾患、心不全の占める割合が多いというのが例年の傾向です。 平成28年度の年間心臓カテーテル検査総数は436件で、基本的に2泊3日の入院として橈骨動脈穿刺法にて行っており、患者の苦痛を少なくするように考慮しています。
PCI件数は126件で、全体の成功率は98.4%と良好な成績を収めています。当科ではPCIの際にIVUS(血管内超音波検査)を行い、至適サイズのカテーテル、ステントを用いることで安全にPCIを行うように努めています。
当院は、平成12年より東京都CCUネットワークの1施設として活動しており、都民の心臓救急医療体制としての役割を果たしています。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2なし - - 13.33 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成17年度からペインクリニック(痛みの外来)を併設している。診療は常勤のペインクリニック専門医を中心として、神経ブロック治療をおこなっている。
また本院の特徴として通常の投薬治療だけでなく漢方薬治療もおこなっている。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 12 75 37 84 15 17
大腸癌 22 114 373 198 220 210 17
乳癌 0 1 1 0 7 0 17
肺癌 1 0 20 81 150 8 17
肝癌 1 20 0 0 55 37 17
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では特色ある医療として「がん医療」を掲げており、地域の医療機関からがん患者さんの紹介を積極的に受けいれております。また、平成23年度には内視鏡検査による癌の早期発見、診断、治療へと結びつけています。そのため、内視鏡を用いた検査・治療が行われる大腸癌の件数が多くなっています。また、抗癌剤によるがん化学療法も積極的に行われており、StageⅢ・Ⅳの患者に対して治療を行っていることがあらわれています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 36 9.03 50.44
中等症 168 14.42 78.61
重症 45 15.40 84.29
超重症 19 22.21 83.63
不明
重症度別の患者数では、中等度が最も多く、ついで重症度が多くなっています。一般に重症度が上がるほど患者の平均年齢は上がり、平均在院日数は長くなる傾向がありますが、当院では超重症患者でも23日未満です。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 61 27.33 73.92 33.73
その他 22 29.36 75.86 7.23
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
平成28年度において、「脳梗塞」と診断された患者の7割近くが発症3日以内の患者さんでした。ほとんどの患者さんは、発症当日に救急搬送されるか、地域の医療機関からの紹介で当院を受診します。また、脳梗塞の急性期治療を終了した患者さんのうち、6割近くが自宅復帰されていますが、残りの4割強は近隣の医療機関へ転院し、リハビリテーションか長期療養に専念することとなります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2センチメートル未満) 323 1.30 1.22 0.31 67.94
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 126 4.17 8.61 4.76 76.29
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 49 3.82 7.82 2.04 65.69
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 46 1.35 7.37 0.00 74.28
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) 45 3.49 8.00 6.67 75.60
内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術の症例を多く行っています。ポリペクトミー目的の2泊3日が典型的な症例となります。
胆道疾患や膵臓疾患に対して内視鏡的胆道ステント留置術の症例数が次いで多くなっています。これは様々な病態で狭窄した胆道にチューブを通して拡張し、胆汁の流れを良くする手術です。この手術は、胆石症に対する内視鏡的胆道結石除去術などの他の手術の前段階として行われることも多く、術後日数が長くなる傾向にあります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼡径ヘルニア) 164 1.48 1.91 0.00 54.91
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 135 1.84 4.64 0.74 63.30
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2センチメートル未満) 112 1.25 1.16 0.00 69.77
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 68 4.34 14.35 0.00 71.44
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 39 4.28 5.33 0.00 69.03
手術件数が最も多いのは、ヘルニア手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の順となります。
 ヘルニア手術は鼡径ヘルニアに対して行われるもので、短期滞在手術等基本料の対象(4泊5日)となっています。当院においては3泊4日での入院・手術が通例となっています。
 胆嚢炎や胆石症などの胆嚢疾患に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術も数多くの症例を行っています。急性胆嚢炎を発症された患者さんは、まず内科的な治療で炎症を改善させて一旦退院し、改めて外科に手術目的で再入院するケースが典型的です。この手術では腹腔鏡視下で行われ、患者さんの負担をできるだけ小さくするよう努めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕) 64 5.20 20.59 56.25 77.41
K0462 骨折観血的手術(下腿) 37 2.49 9.76 2.70 55.14
K142-4 経皮的椎体形成術 33 6.30 10.76 6.06 78.70
K0811 人工骨頭挿入術(股) 31 7.13 23.97 64.52 80.03
K0821 人工関節置換術(股) 22 3.45 28.00 4.55 74.82
骨折手術の件数が多く、中でも大腿骨の症例数が多いのが特徴的です。この症例の患者さんは高齢者が多く、手術後もリハビリ目的で転院するケースも多いです。
 内視鏡下椎間板摘出術は、内視鏡下で行うことにより皮膚切開の範囲は短く、手術侵襲は小さく、術後の痛みも軽くなるため、患者の負担が小さいという利点がある手術です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による) 22 5.95 24.00 18.18 79.27
K1781 脳血管内手術(1箇所) 16 2.13 8.50 6.25 70.94
K1742 水頭症手術(シャント手術) 10 25.20 30.20 50.00 78.50
K178-5 経皮的脳血管ステント留置術 - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) - - - - -
慢性硬膜下血腫は、外傷などにより数週間から数カ月後に硬膜にできた血腫により脳が圧迫されて、頭痛や運動麻痺、認知症該当が発生し発見されることが多く、脳の萎縮がみられる高齢者に多い疾患です。この疾患に対し頭蓋から血腫を洗浄・除去する手術の症例が当院では多いです。手術後の状態が落ち着くと、継続治療およびリハビリのために転院する患者さんが2割近くいらっしゃいます。
 脳血管内手術は脳動脈瘤などの血管異常に対して、血管内手術用カテーテルを用いて行う手術です。脳血管内にカテーテルを入れ、脳動脈瘤に対してその凝固を目的にプラチナコイルを挿入する手術です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 268 1.00 1.00 0.00 78.96
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科では、白内障に対する手術である水晶体再建術(眼内レンズ挿入)を行っております。また指標には表されていませんが、入院せずに外来で白内障手術を行う日帰り手術も実施しております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 86 1.17 5.12 0.00 74.81
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 37 0.30 3.51 0.00 65.40
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 25 0.76 3.56 0.00 65.40
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 21 1.71 9.19 0.00 72.43
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 16 1.00 8.19 6.25 77.25
泌尿器科の主な手術の内訳は、内視鏡による経尿道的膀胱悪性腫瘍手術が86件と多く、次いで経尿道的尿管ステント留置術が37件、経尿道的尿路結石除去術が25件となっています。
 開腹手術もなるべく小さな創で手術を施行し、患者の侵襲を小さくするよう心がけています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 82 1.00 7.90 0.00 46.34
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術 45 1.00 0.33 0.00 40.89
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 40 0.90 4.53 0.00 39.83
K867 子宮頚部(膣部)切除術 35 1.00 2.43 0.00 37.34
K867-4 子宮頚部異形成上皮レーザー照射治療 34 1.00 0.09 0.00 36.18
婦人科の主な手術の内訳は、子宮全摘術が82件となっており、次いで子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術、子宮附属器腫瘍摘出術(両側)が40件以上となっています。
 
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 77 2.96 3.64 0.00 71.73
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 16 2.19 2.69 0.00 73.31
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症の対するもの) 15 0.07 14.27 0.00 62.20
K597-2 ペースメーカー交換術 11 1.00 1.64 0.00 80.09
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 11 2.09 2.73 0.00 72.82
狭心症、心筋梗塞の患者さんへの経皮的冠動脈ステント留置術が1番目と3番目に多く、急性期の心血管疾患への対応ができていると思われます。経皮的冠動脈形成術も2番目に多い手術です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 10 0.12
180010 敗血症 同一 - -
異なる 13 0.16
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
手術・処置などの合併症にあたるものとして、感染症および合併症の発生率を示したものです。播種性血管内凝固症候群(DIC)・敗血症・真菌感染症はいずれも感染症、悪性腫瘍等に合併することが多い疾患です。厚生労働省による平成26年度のDPC対象病院全国平均は、播種性血管内凝固症候群(DIC)「0.17%」、敗血症は「0.56%」、その他の真菌症「0.04%」、手術・処置等の合併症となっており、当院では、すべて全国平均以下であります。
 手術や処置を実施するにあたり、合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。しかし、患者さんの要因等も含めてゼロにはできず、出血、感染、縫合不全、膿瘍形成等の合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。臨床上ゼロにはなりえないものですが、少しでも改善できるよう努めてまいります。
更新履歴
2016/9/30
平成27年度 「病院情報の公表」を掲載しました。
2017/9/20
平成28年度「病院情報の公表」を掲載しました。