重点医療・特色ある医療

当院では、開設当時に地域に不足していた「救急医療」、「循環器医療(心臓救急医療体制)」を重点医療として取り組み、近年では今後増加が見込まれる「がん医療」を強化していくなど、地域の医療水準向上に努めています。

救急医療

24時間365日積極的な受け入れ

地域の住民と地域医療に貢献するため、救急医療に積極的に取り組んでいます。主に、入院や手術を必要とする二次救急医療を実施し、24時間365日救急入院が可能な病床を確保する「休日・夜間診療事業」や「救急搬送体制整備事業(東京ルール)」に参画しています。また、集中治療室(ICU)、心疾患ケアユニット(CCU)での高度な集中治療の実施や、地域の医療機関からの救急患者受け入れ要請に対応しています。

循環器医療

充実の設備機器による狭心症、心筋梗塞などの系統的治療

冠動脈疾患患者の検査、治療(PCI、ステント)や心不全、不整脈、ペースメーカー手術など循環器疾患全般の患者を受け入れています。患者の負担・侵襲軽減のため、最新の心臓血管撮影装置の導入など充実した設備機器により系統的な治療を行うことが可能であり、検査・治療実績も増加傾向にあります。また、東京都CCUネットワークの1施設として活動しており、心臓血管外科との連携のもとに地域の心臓救急医療体制充実の大きな役割を担っています。

がん医療・内視鏡医療

内視鏡検査による早期発見から治療へ

高齢化の進展により、東京都内におけるがん患者は増加傾向にあり、今後も増加していくことが見込まれています。地域のがん医療の水準向上に一層貢献するため、これまでの実績や経験を活かし、更にがん診療機能の強化に取り組みます。また、消化器系のがんに対する内視鏡医療は、従来の外科的手術に比べ、患者への負担が少ないことから、患者ニーズも高くなっています。当院では、平成23年度に内視鏡室を拡張、整備するなど充実を図り、内視鏡検査による早期発見、診断、治療へと結びつけています。