膵臓病早期発見プロジェクト

膵臓病早期発見プロジェクトのご案内
この度、膵癌や膵炎の早期発見(特に切除可能な膵癌の発見)を目的として、膵疾患早期発見連携パスを作成いたしました。この膵疾患早期発見連携パスでは、原因不明の腹痛、背部痛、腰痛がある患者さん、突然、糖尿病が発生した患者、血糖コントロールが不良になった患者、腫瘍マーカー高値(CA19-9、CEA)、膵嚢胞、膵管拡張、膵石などの膵疾患(膵癌)発見の手掛かりを有する患者さんを絞り込み、早い段階で画像検査を受けて頂き、少しでも早い時期に膵疾患を診断することを目的としています。
上記の症状や所見などから膵疾患が疑われる患者さんがおりましたら、是非こちらをご利用ください。

受診の予約方法

連携医療機関様

お電話ください 東京都保健医療公社東部地域病院
03-5682-5111(代)
「膵臓病早期発見パス(PT)のMR依頼」とお伝えください。

放射線科受付におつなぎします。
MRの検査予約をします。(13時~15時)

予約可能日

月・火・金曜日  午後 
木曜日      午前 

MRが撮影不可能な方
  • ペースメーカー
  • 心臓人工弁
  • 脳動脈瘤クリッピング
  • 人工内耳 等
MRが不可能な患者さんはCTの予約を取ります。

予約が済みましたら

1 紹介状の作成をお願いします。(診療情報提供書は膵臓プロジェクト専用のものもあります。)
2 膵臓病早期発見パスにそって、患者様へ検査等の説明をお願いします。
3 当日持参するもの
  • 紹介状(診療情報提供書)
  • 膵臓病早期発見パス
  • 保険証
  • 診察券(東部地域病院):ある方
    ※MR、CT同意書は当院で作成いたします。
4 来院時間:MR予約時間の30~40分前に 「初診受付」へお越しください

患者さん:受診の流れ

1.初診受付

2.内科外来受付

3.放射線科受付[1階]
MR(CT)室

4.検査科受付(採血)[2階]

5.内科外来:猪狩医師診察

再診予約(4日目以降)

6.再診:膵臓PT外来/検査結果報告

紹介元の連携医療機関様へ
ご報告

1.初診受付のご案内

MR(CT)検査の30~40分前にお越しください
初診受付で受診手続きを行います。(診察券のある方も)
下記の書類を初診受付に提出してください
(1)紹介状(診療情報提供書)
(2)膵臓病早期発見パス用紙
(3)保険証 (4)診察券(ある方)

3.放射線科受付[1階]/MR(CT)室のご案内

検査は20分前後かかります。
金属類はすべて外し着替えて検査に入ります。

4.検査科受付(採血)[2階]のご案内

検査結果がすべてわかるまでに3日から4日かかります。

5.腹部エコーのご案内

お疲れ様でした。
1日目の自己負担は健康保険3割負担で1万円程度かかります。

6.再診:膵臓PT外来のご案内

  • MR(CT)、採血、腹部エコーの検査の結果をお伝えします。
  • 今後の対応を相談できます。

検査結果ご報告後

検査結果により、東部地域病院での精密検査の実施、また、定期的な外来受診が必要になる場合があります。