婦人科

女性の健康と生活の質の向上を総合的に支援します。

当科は、婦人科疾患全般にわたり診断・治療をおこなっています。主に手術療法が必要な患者さんが多く受診されております。セカンドオピニオンの受け入れおよび紹介も積極的に取り組んでいます。我々スタッフは患者さんが納得して安心して治療が受けられるよう十分なインフォームドコンセントを心がけております。

外来診療表


主な疾患と診療体制

悪性疾患(子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌)

根治的な手術から抗がん剤治療を、日本婦人科腫瘍学会ガイドラインに基づき標準治療を行っており、エビデンスに基づいた診療を提供するよう心がけております。放射線治療が必要な方は、順天堂大学、都立駒込病院などと連携して、治療を行っています。

良性疾患

子宮筋腫や子宮内膜症、良性卵巣腫瘍に対しては、内視鏡下手術(腹腔鏡下手術・子宮鏡手術)による低侵襲治療を積極的に施行しています。更年期以降の女性にしばしば認められる骨盤臓器脱・性器脱(子宮脱・子宮下垂・直腸脱・膀胱脱)に対しては経腟的な従来法で手術を行っています。セカンドオピニオンの受け入れおよび紹介も積極的に取り組んでいます。我々スタッフは患者さんが納得して安心して治療が受けられるよう十分なインフォームドコンセントを心がけております。

診療実績

患者数

新入院患者数 501人
外来患者数 5,972人
うち初診患者数 750人

疾患別症例数

疾患名 平成26年度 平成27年度 平成28年度
卵巣腫瘍(良性) 72 84 51
子宮筋腫・子宮腺筋症 99 91 118
性器脱 9 18 4
過多月経 - - 5
子宮内膜ポリープ 31 18 42
子宮体癌疑いなど 21 10 9
子宮頸部異形成 60 69 59
子宮頸部上皮内癌 10 2 11
子宮頸癌 9 5 3
子宮内膜異型増殖症 1 1 -
子宮体癌 11 3 8
卵巣境界悪性腫瘍 4 2 1
卵巣癌 4 7 7
その他 10 7 -
合計 349 317 332

術式別手術件数

疾患名 術式 症例数
平成26年度 平成27年度 平成28年度
卵巣腫瘍(良性) 腹式卵巣嚢腫摘出術または付属器摘出術 17 14 12
腹腔鏡下卵巣嚢腫摘出術または付属器摘出術 55 70 39
子宮筋腫・子宮腺筋症 腹式単純子宮全摘出術 58 59 79
腹式子宮筋腫核出術 17 9 4
子宮鏡下子宮筋腫摘出術 13 15 25
腹腔鏡下子宮筋腫核出術 2 - 7
腹腔鏡下子宮全摘出術 9 8 3
性器脱 子宮脱根治術 4 7 3
膣閉鎖術 5 11 1
過多月経 子宮鏡下子宮内膜焼灼術 - - 5
子宮内膜ポリープ 子宮鏡下子宮内膜ポリープ切除術 31 18 42
子宮体癌疑いなど 子宮内膜全面掻破術 21 10 9
子宮頸部レーザー蒸散術 - - 33
子宮頸部異形成 子宮頸部レーザー焼灼術 13 26 -
レーザー円錐切除術 37 36 24
腹式単純子宮全摘出術 4 1 1
腹腔鏡下子宮全摘出術 6 6 1
子宮頸部レーザー蒸散術 - - 1
子宮頸部上皮内癌 レーザー円錐切除術 9 1 6
腹式単純子宮全摘出術 - - 2
腹腔鏡下子宮全摘出術 1 1 2
子宮頸癌 レーザー円錐切除術 5 2 1
腹式広汎子宮全摘出術 2 1 -
腹式単純子宮全摘出術 1 - 1
膣式単純子宮全摘出術 1 - -
腹腔鏡下子宮全摘出術 - - 1
子宮内膜異型増殖症 腹腔鏡下子宮全摘出術 1 1 -
子宮体癌 腹式単純子宮全摘出術  2 1 5
腹腔鏡下子宮全摘出術  1 - -
腹式単純子宮全摘出術 6 2 2
両側付属器摘出術
骨盤リンパ節郭清術
再発手術 2 - 1
卵巣境界悪性腫瘍 腹式付属器摘出術 1 - 1
卵巣癌 腹式単純子宮全摘出術 3 2 -
両側付属器摘出術
大網切除術
付属器摘出術 5 1 3
腹式単純子宮全摘出術 3 1 -
両側付属器摘出術
大網切除術
腹式単純子宮全摘出術 4 5 4
その他 10 7 72
合計 349 317 390
その他
合計

主なクリニカルパス

ファイルダウンロード


外来診療表


スタッフ紹介

宮井 健太郎
(みやい けんたろう)
職名 医長
専門分野 婦人科腫瘍
資格 日本産婦人科学会専門医
婦人科腫瘍専門医
田中 美香
(たなか みか)
職名 医員
専門分野 婦人科腫瘍
婦人科一般
資格 日本産婦人科学会専門医
新城 梓
(しんじょう あずさ)
職名 医員
専門分野 婦人科一般
資格 日本産婦人科学会専門医
日本医師会認定産業医
中原 万里子
(なかはら まりこ)
職名 公社医員
資格 日本産婦人科学会専門医