胆道がん

胆嚢にできる胆嚢がん、胆管にできる胆管がん、胆汁の出口である十二指腸乳頭部にできる乳頭部がんを総称して胆道がんと呼びます。

ページ内目次


症状

胆管がん、乳頭部がんでは、胆汁の流れが妨げられて黄疸が出現し、体が黄ばみ、皮膚がかゆくなり、血尿と間違えるくらい尿が褐色になります。胆汁に細菌が感染すると発熱し、敗血症になることもあります。胆嚢がんは早期では症状がなく、進行すると痛みや黄疸が現れます。

検査と診断

血液検査では、胆汁の流れが停滞するとアルカリフォスファターゼ(ALP)、LAP、γ-GTPなどの胆道系の酵素の値が上昇します。AST(GOT)、ALT(GPT)も同時に上昇します。また、がん細胞が産生する腫瘍マーカーのうち、CA19-9、CEAが上昇しますが、早期診断にはほとんど役に立ちません。

胆嚢がんの診断には超音波検査が最も有効です。胆嚢のポリープは大部分が良性ですが、大きさが1cmを超えるとがんの可能性がでてきます。胆嚢の壁が厚くなっている場合も精密検査が必要です。

精密検査としては、超音波内視鏡検査(EUS)が有用です。胃や十二指腸から胆嚢を至近距離で観察します。しかし、胆嚢がんは胆石を合併することが多く、超音波検査で胆嚢の内部が見えにくいことも多く、CTやMRIでがんの合併を調べます。がんの周囲への拡がり、肝転移やリンパ節転移の診断にも超音波やCTが有用です。

胆管がんとは超音波検査やCT、MRIで、閉塞部位やその性状の診断が可能で、周囲への拡がりを診断して、治療方針を決定します。内視鏡的胆管造影を行い胆管の狭窄部から生検(組織を採取)することができます。

乳頭部がんも胆管がんと同様な方法で診断を行いますが、なによりも十二指腸内視鏡検査で乳頭部の腫瘤を確認して、生検によって確定診断できます。

治療

手術で病変を切除するのが最良の治療です。手術は胆管や胆嚢だけでなく、膵臓や肝臓の一部も切除する大がかりな手術になります。手術できない場合は、抗がん剤による化学療法を行います。ゲムシタビンとシスプラチンの併用が標準的な治療ですが、体力や年齢を考慮して、ゲムシタビン単剤、TS-1の内服治療を行うことがあります。早期の胆嚢がんでは、腹腔鏡を用いた胆嚢摘出術が可能です。黄疸の治療のためには、胆道ドレナージ(胆汁の排液)が必要です。皮膚から肝臓を通して胆管に管を入れ、胆汁を体外に排出させるか(図)、内視鏡によって十二指腸乳頭部から胆管にステントを挿入します(図)。

手術

胆嚢がんの手術
  • 胆嚢摘出術(早期胆嚢がん)
  • 胆嚢切除+肝部分切除
  • 胆嚢切除+膵頭十二指腸切除
  • 胆嚢切除+膵頭十二指腸切除+肝部分切除
胆管がんの手術
  • 胆管切除+膵頭十二指腸切除
  • 胆管切除+肝部分切除
  • 胆管切除
乳頭部がん
  • 膵頭十二指腸切除

患者さんへのワンポイントアドバイス

肝機能障害は胆石や胆道がん早期発見のための有効な手掛かりの一つです。検診などで肝機能障害を指摘されたら、ぜひ、エコー検査、CTまたはMRI検査などの画像検査を受けて下さい。また、原因不明の腹痛、発熱がある場合も、画像検査を受けることをお勧めします。