急性閉塞性化膿性胆管炎(AOSC)

総胆管結石や胆管の腫瘍が原因で生じる胆管の感染症。
胆管の検査、術後の感染が原因のことがある。重篤化すると致命傷になることがある。

ページ内目次


症状

発熱、黄疸、腹痛。重症化するとショック、敗血症、脳症を引き起こし、死に至ることもある。

検査

血液検査 白血球増多、CRP陽性、肝機能障害、黄疸、腎機能低下

治療

軽症

抗生物質の投与

中等後

胆管ドレナージが必須。内視鏡的に胆管ドレナージを行うことが多い。総胆管結石を合併していることが多いため、同時に砕石術も行うことが多い。感染胆汁の洗浄目的で経鼻胆管ドレナージを行う。内視鏡処置が出来ないときは経皮的に胆管ドレナージを行う。内科的ドレナージが不能なら外科的ドレナージをおこなうが、リスクは高くなる。

重症

ドレナージのみ

ワンポイントアドバイス

急性胆嚢炎、急性化膿性胆管炎は重症化すると、敗血症、DIC、多臓器不全に陥り、生存を脅かす厄介な病気です。腹痛、発熱、黄疸などの症状や血液検査で肝機能障害があれば画像検査を行い、早期発見して治療すれば心配ありません。