眼科

多様な眼科疾患を診察し、患者さんのご希望を尊重した対応を行います。

当科では白内障をはじめとした眼科全般の診療を常勤医師1名、非常勤医師2名、視能訓練士3名の体制で行っております。外来診察日は月曜日、水曜日、木曜日(午前)、金曜日の週4日で行っており、手術は火曜日と木曜日に行っています。また、当科の常勤医師は外科系当直として他の外科系医師と共に担当し、緊急の診療にもあたっております。

外来診療表


主な対象疾患と診療内容

近年高齢化に伴い眼疾患が増加しており、患者さんの生活の質(QOL)にも大きな影響を与えています。当科では眼科全般の診療を行っており、特にぶどう膜炎は軽微な虹彩炎からベーチェット病、サルコイドーシスといった難病指定疾患まで随時診察にあたっています。当科で対応困難な症例については東京医科歯科大学をはじめとした大学病院等に紹介を行っており、治療後、症状が安定した患者さんは積極的に地域の医療機関に紹介し、地域医療連携に努めています。

検査では蛍光眼底造影検査(FAG)、視野検査(GP、ハンフリー)、眼底3次元画像解析(OCT)、超音波検査、眼筋機能検査、眼軸長測定検査、網膜電図、角膜形状解析、角膜内皮測定、角膜厚測定などが可能です。その他に斜視や弱視の検査・訓練なども行っております。

白内障手術は(超音波乳化吸引術および眼内レンズ挿入術)患者さんの希望で2泊3日の入院もしくは日帰りで行っています。眼内レンズには術後乱視に影響の少ない小切開創用のソフト眼内レンズを主に使用しており、症例に応じて乱視矯正のレンズも使用可能です。

診療実績

患者数

新入院患者数 268人
延外来患者数 2,056人
うち初診患者数 559人

手術件数(手術室施行分)

平成26年度 平成27年度 平成28年度
白内障手術 653 529 545
網膜・硝子体(白内障との同時手術含む) - 1 -
硝子体内注射 40 30 18
緑内障手術(白内障との同時手術含む) - - -
眼瞼内反症手術 1 1 2
眼瞼下垂手術 2 - -
その他(翼状片、眼瞼腫瘍など) 3 2 2

主なクリニカルパス

外来診療表


スタッフ紹介

浅田 洋輔
(あさだ ようすけ)
職名 医長
専門分野 眼科一般
資格 医学博士
眼科専門医