呼吸器内科

患者さんの気持ちを考えて、患者さんが満足する最善の医療を行います。

多彩な呼吸器内科領域の疾患に幅広く対応しています。特に、高齢者で多い肺炎に代表される呼吸器感染症や肺気腫(COPD)、間質性肺炎、気管支喘息などに迅速かつ的確、安全に対応できる体制で診療にあたっています。
ご紹介いただいた患者さんは、診断・治療後に病状が安定した際には、かかりつけの先生への返送を原則としており、地域の医療機関と連携しながら専門性のある診療をめざしています。

近年増加傾向にある肺がんに関しては、画像診断に加え、気管支鏡を用いた病理学的検査を行っています。
肺がんの外科治療、放射線治療に関しては治療可能な他施設に紹介しておりますが、内科的な治療に関しては患者さんのQOLを考慮しつつ、分子標的治療を含めた化学療法を入院、もしくは外来で行っています。

外来診療表

主な対象疾患と診療内容

肺腫瘍(原発性肺癌、転移性肺癌)、呼吸器感染症(肺炎、肺化膿症、胸膜炎等)、慢性閉塞性疾患(肺気腫、慢性気管支炎)、間質性肺疾患(間質性肺炎、肺線維症、過敏性肺炎等)、アレルギー免疫疾患(喘息、好酸球関連肺疾患、サルコイドーシス等)、胸膜疾患(胸水、気胸)、慢性咳嗽など多岐にわたる呼吸器疾患全般の専門的な診断・治療を行っています。

当科が診療対象としている疾患は多岐にわたりますが、主な疾患と診療内容を下記に示します。
主な対象疾患 診療内容
肺腫瘍
(原発性肺癌、転移性肺癌)
画像診断、気管支鏡などによる確定診断と、入院・外来での化学療法、支持緩和医療を中心に行っています。
呼吸器感染症
(肺炎、気管支炎、膿胸、誤嚥性肺炎等)
ガイドラインに基づいた感染症の治療と、誤嚥性肺炎では嚥下機能評価などを行い治療にあたっています。
慢性閉塞性疾患
(肺気腫、慢性気管支炎)
慢性呼吸不全症例では在宅酸素療法、在宅人工呼吸などを行っています。
間質性肺疾患 画像診断、経気管支肺生検、気管支肺胞洗浄などをもちいた確定診断と、ステロイド・免疫抑制剤などの治療を行っています。
気管支喘息 吸入ステロイドを中心とした、ガイドラインに基づいた専門的治療を行っています。

診療実績・スタッフ紹介

内科紹介ページをご覧ください。[診療実績][スタッフ紹介

外来診療表