グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護部 >  認定看護師

認定看護師


当院には14名の認定看護師が勤務し、看護の質向上のため活動しています。

認定看護師 集合写真


感染管理認定看護師

入院、外来通院中の患者はもちろんのこと、院内で仕事をしているすべての人を目に見えない感染から守るために日々活動しています。
手洗い等の基本的な対策の徹底はもちろんのこと、最新の情報を取り入れ、院内の感染対策の質向上に努めています。
さらに、他の医療施設とも情報や対策を共有し、連携を図りながら感染対策に取り組んでいます。

皮膚・排泄ケア認定看護師

創傷・オストミー・失禁ケア領域の患者のQOLの維持と向上、更に安心した生活が送れるように支援しています。
当院の強みは、認定看護師の多さにあります。いつでも誰でも相談できる体制があり、看護師が悩んだとき、より良い看護を行いたいと相談してくれる看護師と共に、認定看護師同士も連携を取り、他職種で問題が解決できるよう活動しています。

がん性疼痛看護認定看護師

がん性疼痛を有する患者に対して全人的な視点でアセスメントを行い、最期まで「その人らしく」いられるよう苦痛を取り除くことを目指しています。
薬物療法だけでなく、病棟看護師と協働し、患者さんの持っている力と看護の力を合わせて疼痛緩和に務めています。

緩和ケア認定看護師

緩和ケアは闘病により、症状が出現している方や病気と付き合っていかなければならなくなった方、患者さんとその家族の方へのケアを行います。
終末期のがんの方に対応するものと考えられていることが多いですが、今は診断の時から介入し、治療を苦痛なく過ごせるように関わらせて頂いています。
がんの方だけではありませんので精神的、社会的、人生観や価値観の側面で何かお悩みを抱えている方のよろずや相談的存在です。

認知症看護認定看護師

急性期病院であっても、認知症の患者さんが安心・安全に過ごせ、治療が受けられるように日々活動をしています。また、認知症に関する正しい知識と技術を習得してもらうため、勉強会も開催しています。
薬物療法だけでなく、療養環境の調整や私たち看護師の関わり方やケア方法を病棟看護師と見直し、認知症の患者さんに最適なケアを提供できるように努めています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師

患者さんが安全に食事を口から食べられるよう日々活動しています。
脳血管疾患や、加齢など様々な原因で摂食嚥下障害をきたしている患者さんに対して、嚥下機能を評価し、嚥下機能に合わせた食事形態の選定、食事姿勢の選定、口腔ケア、リハビリテーションを行ない、誤嚥性肺炎の予防に努めています。
また、摂食嚥下支援チーム、栄養サポートチームの一員として、多職種と連携し活動しています。

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法(抗がん剤治療)を行う患者さんが、安全・確実・安楽に治療を受けられるよう日々活動しています。治療の意思決定支援や投与管理も重要ですが、患者さんの持っている力を引き出して治療が継続できるよう、院内の看護師と協働してケアに努めています。
患者さんに対するケアだけでなく、医療従事者を抗がん剤曝露から守るための知識・方法について研修内容に取り入れています。

慢性心不全看護認定看護師

心不全は高血圧や不整脈などの医学的要因だけではなく、塩分制限や水分制限など患者さんのセルフケアにより悪化を予防することが可能であるとも言われており、日々患者さんの指導や退院後の支援を行っています。
また多職種と協働し、さまざまな心不全症状に対する緩和ケアにも努めています。
2020年8月より心大血管疾患に対するリハビリテーションも開始し、患者がその人らしい生活に復帰できるよう活動をしています。

認定看護師によるコンサルテーションについて

当院では、患者中心の医療の提供として、認定看護師の積極的活用による、きめ細やかな医療サービスの提供を運営方針の一つとして掲げており、8領域14名の認定看護師が在籍しております。認定看護師をリソースとして活用いただくことで、看・看連携の基盤を構築すると共に、地域連携の充実に繋げるべく、積極的に活動していきたいと考えております。つきましては、下記コンサルテーションに対応しておりますので、是非、ご活用下さい。
コンサルテーション内容について