グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  整形外科

整形外科


より負担の少ない最小侵襲脊椎外科治療を軸とし、
整形外科全般にわたって寄り添った丁寧な治療


脊椎脊髄外科(せぼねの疾患)を中心とし、整形外科疾患全般を網羅してまいりますが、手外科、小児外科、骨軟部腫瘍に関しては関連病院、近隣の専門病院と連携し治療を進めてまいります。変形性関節症、外傷に対しては人工関節や骨折治療を着実に継続しています。
超高齢社会への突入に伴って、骨粗鬆症特に骨粗鬆性椎体骨折が急増しております。これに対し、当院では2012年7月よりバルーン椎体形成術(BKP)を開始しております。最先端の手術支援機器をできる限り導入し、安全で低侵襲な手術を目指しております。

外来診療表


主な対象疾患と診療内容

これまで、高齢を問わず脊椎脊髄病(たとえば椎間板ヘルニア、化膿性脊椎炎、癌の脊椎転移、成人脊柱変形、脊椎椎体骨折、脊椎脊髄外傷、腰部脊柱管狭窄症など)に対する侵襲の大きかった脊椎手術を一新し可能な限り背部の筋肉を傷つけない最小侵襲脊椎手術(MIS)を柱に治療を行っており、侵襲の許容が狭い高齢者にとっても傷の小ささと術後の痛みの少ない利点から手術の安全域は拡大されてきています。

脊椎脊髄病

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 化膿性脊椎炎
  • 脊椎脊髄腫瘍(転移性脊椎腫瘍含む)
  • 成人脊柱変形
  • 脊椎椎体骨折
  • 脊椎脊髄外傷

膝・股関節

  • 変形性関節症
  • 大腿骨近位部骨折
  • その他外傷

上腕骨・手

  • 上腕骨骨折
  • 橈骨遠位端骨折
  • その他外傷

診療実績

患者数(令和元年度実績)

新入院患者数 418人
外来患者数 8,859人
うち初診患者数 1,605人

手術件数

平成29年度 平成30年度 令和元年度
1.骨折手術 225 123 190
骨折観血的手術(大腿) 71 36 49
骨折観血的手術(下腿) 26 19 31
骨内異物除去術 37 29 31
骨折観血的手術(前腕) 37 13 27
骨折観血的手術(鎖骨) 16 10 15
骨折観血的手術(上腕) 19 6 11
骨折観血的手術(指) - 1 8
骨折観血的手術(足) 2 1 4
超音波骨折治療法(一連につき) - - 3
その他 17 8 11
2.脊椎外科手術 68 126 84
胸腰椎後方固定術 - 31 14
椎弓切除術 9 5 14
後方又は後測方固定術 - - 13
椎体形成術 40 45 12
頚椎椎弓形成術 3 12 11
椎間板摘出術 11 8 10
胸腰椎前方固定術 3 17 5
胸腰椎前方後方同時固定術 - 3 3
その他 2 5 2
3.関節外科手術 71 79 89
人工関節置換術(股) 8 12 26
人工骨頭挿入術(股) 31 35 20
骨移植術(自家骨移植) - 14 20
人工関節置換術(膝) 14 10 10
アキレス腱断裂術 11 5 7
関節脱臼非観血的整復術 2 3 2
その他 5 0 4
4.軟部組織に対する手術 25 17 16
手根管開放術 3 6 4
創傷処理 3 3 3
その他 2 - -
5.その他の手術 12 8 7
腱鞘切開術 5 - 2
その他 7 8 5

主なクリニカルパス

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

外来診療表


スタッフ紹介

林 健太郎
(はやし けんたろう)
職名 部長
専門分野 脊椎外科
外傷
資格 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病認定医
日本整形外科学会認定リハビリテーション医
日本整形外科学会認定スポーツ医

土屋 勝
(つちや まさる)
職名 医員
専門分野 整形外科一般
資格 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医

向笠 文博
(むかさ ふみひろ)
職名 医員
専門分野 整形外科一般
資格 日本整形外科学会専門医

栗原 大聖
(くりはら たいせい)
職名 医員
専門分野 整形外科一般
資格 日本整形外科学会専門医

栗田 泰葉
(くりた やすは)
職名 公社医員
専門分野 整形外科一般