グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  放射線科 >  乳房X線撮影(マンモグラフィ)

乳房X線撮影(マンモグラフィ)


令和2年4月 装置更新

 マンモグラフィは、乳房専用のX線検査です。
 撮影は専門の女性技師が対応し、乳房全体を観察できるよう、圧迫し撮影します。
 当院では、令和2年4月に装置の更新を行いました。
 同メーカーの従来機種に比べ、最大約30%の被ばく低減が可能です。
 また、画像に影響を及ぼすノイズを処理することで、より高精度な画像を提供できるようになりました。

検査当日の流れ

1 更衣室にて、脱衣をしていただきます。
2 上半身に身に付けているもの(肌着、ブラジャー、ネックレス等)は、すべて外してください。
3 バスタオルをお渡ししますので、羽織ってお待ちください。
4 検査概要を説明したのちに、撮影(15~20分ほど)を行います。
5 画像の確認を行います。必要に応じて、追加で撮影することがあります。
6 更衣をしていただき、検査終了です。

注意事項

  • 乳房撮影は透明なプラスチック製の圧迫版で、乳房を片方ずつ圧迫して撮影します。
  • 圧迫する際、多少の痛みを感じることもあります。ご理解いただいたうえ、痛みに耐えられない方は担当技師にお伝えください。
  • 圧迫することで以下の効果が得られます。
    1. 乳房内組織は大きく分けて、繊維組織と脂肪組織で構成されています。
    2. 圧迫により、2つの組織が広がり互いに分かれ、診断能が高い画像が得られます。
    3. 乳房を圧迫し固定することにより、身体の動きによるブレを防止できます。
    4. 乳房の厚みが薄くなることで、被ばく線量を低減できます。
  • 胸や脇の部分への薬(シッカロール、制汗剤)は、画像に影響することがあります。検査当日は使用しないでください。

撮影の種類

資料提供:シーメンスヘルスケア株式会社

新機能!トモシンセシスが追加!!